TEL:0749-27-1717

〒522-0201  滋賀県彦根市高宮町702-5

一般歯科

院長の活動報告
バリアフリー 車椅子にも対応しております
トップページ»  一般歯科

むし歯治療

患者様とのコミュニケーションを大切にし、「恐くない歯科医」を目指します。

治療を行う上で大切に考えているのが、患者様とのコミュニケーションです。患者様のお悩みとご要望をしっかりお聞きし、治療の具体的な内容や、メリット・デメリットを説明した上で、納得していただいてから治療を開始します。
当クリニックが目指しているのは「恐くない歯医者」です。治療前に治療の内容とそれに伴う痛みについてもしっかりとご説明をさせていただきます。

特に歯科医院が苦手な方は詳しい説明もなく治療を受けると、思いがけない痛みや結果があった際に、さらに歯科医院への苦手意識を強くしてしまいます。そのようなことを避けるため、当院では事前に痛みが生じることを説明し、受け入れていただいた上で、納得して治療を受けていただくことを第一としています。

むし歯の原因

むし歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌によってむし歯になるのです。
お口の細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。
そして、歯垢の中で砂糖を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、むし歯になります。
むし歯は、C0~C4までの5段階のレベルに分けられています。

むし歯の進行

【C1】

歯の表面はエナメル質で覆われており、 むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

PageTop